うずら、鳥、花、カメラ好きの楽しい日々

野鳥、花、風景写真をメインに投稿します

ばあちゃんに会いに行きました

僕の小さい頃離婚した父親の姉で昔旅館の仕事をしていて、姉(痴呆症)を引き取り
家の雨どいから水が漏れて札幌家を引き払い姉を連れて介護施設へ行きました。
僕の小さな頃市内に住んでいて本当に良く尽くしてくれました。
当時は各地でお団子など行商をしていて時々見かけていました。
時々買い物に出かけて会えるのを楽しみでした、病弱だった僕を人一倍心配して、可愛がってくれました。
僕が中学生の頃とある事情で同じ市内住む家を引き払い何処に行ったか分からず、ずっと会えずにいましたが高校に行っている頃札幌に買い物しに行った時に、駅で声をかけてくれました。
本当に縁というのは不思議なものです。


嬉しい、よかったよかった、ありがとうといつもあう度に涙を流して喜ぶ姿が目に浮かびます。
しばらく会いに行けずにいると、施設から会いたいと手紙が来て、早速言ってみると、デイサービスに出かけて帰るのは夕食前とのことでした。
夕方会ってきましたが、姉は痴呆が進みもう何もわからなくなっていました。
去年会った時の笑顔が印象に残っています。
ばあちゃんは腰が曲がり、何かするたびに苦息しそうにしていました、施設での暮らしに緊張と気苦労の連続のようでした。
愚痴を言ったりずっと辛かったのでしょう、もう91歳だから先はもう長くないから余計に会いたかったのだと思いました。
会いに行って良かったけれど、年老いて体が弱りもうすぐお別れだと思うと胸が痛みます。
握手してハグして、お別れです、ばあちゃんは見えなくなるまでずっと手を振ってくれました。


デイサービスを待っている間時間つぶしに周辺を散歩しました小川の傍には沢山の花があって楽しかったです。道中ぶどうの実がついていたのでつまみ食いすると甘かったです


ギボウシ

コスモス

スイートアリッサム

札幌は湿度、温度ともに高く、花の生育はこちらでまだ咲いていない花が咲いていたり、咲き終わった花がまだあったり見たことが無い花もありました。


ハナトラノオがいっぱいです

僕にとって思い出と花やその時に見たものは強く記憶に残っています


おじさんと最後に会ったときも雨で雫に光るブルーベリーが沢山実っていて、アスパラの枝に雨粒がいつになくキラキラ綺麗に輝いていて
夕顔が大きな実を付けていて、草の中を歩くたびに小さなアマガエルがぴょんぴょん跳ねていました



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。